· 

ベッドのマットレスについて その1

ベッド買うならココ一番

マットレスの内部構造は大きく分けて3種類あります。

連結スプリング:らせん状のコイル(バネ)が連結されて、しっかりと面で体を支えます。連結の仕様、内部の詰物・ウレタンの種類、表面生地等により、寝心地が変わります。


ポケットコイル:一つ一つのコイルがポケットに包まれて独立しているので、体の部分の重さに合わせて沈みます。体圧分散に優れています。ポケットコイルもいろいろあり、コイルの線経で、1.7mm、1.9mm、2.1mm他やコイルの高さで5.5インチ、6.5インチ、7.5インチ、8.25インチ他、かたいマットレス、やわらかいマットレスがあり、それぞれで寝心地が違います。

ノンコイル:コイルスプリングを使っていない、低反発ウレタン・テンピュール、エアウィーヴ、ウォーターベッドなど。また、低反発もウレタンの重量でその低反発性がちがい、寝返りしやすいものもあります。

サイズは、一般的に幅約85cmのスモールシングル、幅約100cmのシングル、幅約120cmのセミダブル、幅約140cmのダブル、幅約150cmのワイドダブル、幅約170cmのクィーン、幅約180cmのキングです。長さは約195cmです。

価格は、表面の生地、中の詰め物、ウレタンの品質と密度、コイルの鋼線の成分比率と仕様、ノンコイルですとその材質の種類、品質、密度、耐久性等で違いがでます。

次回はマットレスの選び方