· 

ベッドのマットレスについて その2

寝心地は、寝姿勢、体型、かたさのお好み、身体の具合等で左右されます。特にその重要な要素は、マットレスの「かたさ」です。

今回は、テンピュールを「やわらかめ」に設定したため、メーカーによっては「かため」は標準・レギュラー、「中間」はやわらかめ・ソフトに分類するものもありますので、実際に寝てみて体感をしてください。また、中の詰物によったり、コイルの線径・長さ、人によっての感覚も違います。

 

☆「かため」連結コイル・ポケットコイル・エアウィーヴ等

 

・体が沈み過ぎない(体重の軽い人には硬く感じる)

・通気性に優れている

・寝返りがしやすい

・保温性に欠ける(ベッドパットで調整可)

・寝心地が硬く感じられる

・体重の重い方で、筋肉質の方向き

・あおむけ寝で、寝返りの多い方向き

・腰痛の方に良い

 

 

☆「やわらかめ」低反発マットレス・テンピュール

 

・包み込まれるような寝心地(フィット感)

・体圧分散性が高い

・保温性が高い

・寝返りがしにくい(テンピュール・センセーションは別)

・通気性が悪く、夏場暑苦しい(ベッドパットで調整可)

・筋肉量が少ない方向き

・横向き寝で、寝返りの少ない方向き

・手にしびれがある方、五十肩の方に良い

 

 

☆「中間」柔らかめのポケットコイル、ピロートップ入りのマットレス、低反発ウレタン入りの連結コイル

 

・「硬め」と「柔らかめ」の中間でメリット・デメリットを持ち合わせる

・腰痛は「硬め」、肩こり・手のしびれは「柔らかめ」と両方に良い

 

※実際に「硬め」、「柔らかめ」、「中間」と寝て体感してもらうことが一番です。また、枕と寝具の組み合わせも重要になります。

 

 人は直立したとき、背骨はゆるやかなS字カーブを描きます。仰向けに寝た場合にも、このS字カーブを維持すると良いと言われています。

 

また、横向きに寝た場合、寝姿勢を横から見たときには背骨がまっすぐになり、肩を圧迫していないと良いと言われています。そのため実際に寝て比べることがポイントです。

 

仰向け、横向き、寝返り、かたさの好み、身体の具合等、寝て試してみて、スリープアドバイザーにご相談ください。最適なマットレスをご提案いたします。

 

ベッドお買得情報は>>こちら

マットレスの種類は>>こちら

今の眠りに満足していますか?快眠>>こちら

トップページは>>こちら